協会倫理規程

第一条 前提

一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会(以下、「JMAA」という。)の正会員・賛助会員・JMAA認定M&Aアドバイザー・JMAA登録M&Aアドバイザー(以下、「会員」という。)は、M&A関連の職務等に従事する者として、高度なモラルと一定水準以上の知識に基づき、堅実、誠実に職務を遂行することが、求められる。
従って、JMAAの会員は、以下に定める基本的な倫理規程を遵守しなければならない。

第二条 基本的事項

  1. 会員は、職務遂行においては、法令を遵守すると同時に、社会人・ビジネスパーソンとして良識ある行動をとること。
  2. 会員は、その職務上、一定の資格を有することが求められる場合においては、法に定める資格を有することなく職務を遂行してはならない。
  3. 会員は、その知識と技能を常に向上させる努力を怠ってはならない。
  4. 会員は、職務遂行にあたっては十分な能力を発揮しなければならない。

第三条 M&Aアドバイザー・M&A専門家としての事項

  1. 会員は、報酬や顧客との関係を優先させ、自己の能力、その他制約により、職務を遂行することが明らかに困難である案件を受託してはならない。
  2. 会員は、契約を締結した顧客に対する責務を負うものであり、職務遂行上、顧客の利益と相反する事態が生じた場合には、顧客にその旨を説明し、了解を得ることなしに依頼主に対する業務を遂行してはならない。
  3. 会員は、顧客との契約上の守秘義務を遵守しなければならない。
  4. 会員は、業務遂行の過程で、他者に誤った情報を与える、或は、誤解を生じる言動をとってはならない。
  5. 会員は、経済社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との取引は一切行わないばかりでなく、一切の関係、接触をもたない。

第四条 協会、他の会員に対する事項

  1. 会員と協会は、協会のミッションを達成し、共に発展するために、相互に協力するものとする。
  2. 会員は、顧客のみならず、協会、他の会員、その他関係者に対して、虚偽の陳述をしてはならない。
  3. 会員は、協会もしくは他の会員に対して、根拠なき誹謗中傷などを行ってはならない。


Pagetop

Copyright (C) JAPAN M&A ADVISOR ASSOCIATION All Rights Reserved.
supported by 株式会社ビザイン,アルテパートナーズ株式会社