M&Aの仲介・アドバイザー
を事業としたい方へ

M&Aアドバイザーが必要とされる訳

M&Aを取り巻く環境・問題点でも触れたように、日本国内におけるM&Aの件数は、増加トレンドにあります。しかしながら、

  • 小規模案件を扱うM&Aアドバイザーの絶対数が足りない
  • 地方におけるM&Aアドバイザーの絶対数が足りない
  • 一定のレベルに達したM&Aアドバイザーの絶対数が足りない

などの問題がM&Aのサービスを提供する側にあることにより、本来なら廃業する必要のなかった企業・事業が廃業に追い込まれているケース、M&Aを活用することによりもっと効率的よく、リスクヘッジをしながら成長戦略を実施できたであろうケースが散在しているだろうことは想像に難くありません。
上記の問題を解決できれば、つまり、大手が避ける小額報酬を扱うM&Aアドバイザー、一定以上の知識とモラルを持ったM&Aが全国の至るところに存在していれば、本来廃業せずに済んだ企業・事業を引き継ぎ、効率的な成長戦略の実施の支援ができるはずです。これは、ひいては、アドバイザリー手数料という報酬を得ながら、社会的損出・経済的損出を防ぎ、効率的な経済発展に寄与できることを意味します。
M&Aという成長トレンドをもった市場で、

  • 小規模案件を扱うM&Aアドバイザー
  • 地方におけるM&Aアドバイザー
  • 一定のレベルに達したM&Aアドバイザー

が活躍できる隙間は大きく残されており、今が参入のチャンスなのです。

次に、ミクロ的視点でM&Aアドバイザーが必要とされている訳について触れてみたいと思います。
M&Aでは、M&Aを成約させるための、共通言語、共通理解、M&Aの流れへの相互理解が不可欠です。
M&Aが何をやることなのかを概念的に理解していても、実践でしか培われないこれら、共通言語、共通理解、M&Aの流れを理解していない状態で、M&Aのアドバイザリー業務、デューデリジェンス等の周辺業務を請負うことは、非常に危険であり、成約の可能性を著しく低める可能性があります。
そういう意味でも、適正なスキルと能力を備えたM&Aアドバイザーの養成は急務になっているのです。


Pagetop

Copyright (C) JAPAN M&A ADVISOR ASSOCIATION All Rights Reserved.
supported by 株式会社ビザイン,アルテパートナーズ株式会社