中小企業特化のM&Aアドバイザー教育・養成・資格と中小企業のM&A(第三者への事業・企業の友好的な承継)の啓蒙

売り手様(お客様)とその事業・企業の売却を依頼されたM&Aアドバイザリー(専門支援業者)との間のトラブルの多くは、お客様とM&Aアドバイザリーとの情報格差が原因です。つまり、お客様がM&Aアドバイザーとの業務委託契約(フィナンシャル・アドバイザリー契約とかM&Aアドバイザー契約などと呼ばれる)の内容を理解していないことに起因します。
本特別セミナーは、お客様とM&Aアドバイザーとの情報格差を補うために設置したもので、お客様がM&Aアドバイザーと(売却)業務委託契約を締結前(時)に理解すべきこと、確認すべきことをまとめたセミナーです。

セミナー概要

セミナーの特徴・背景

年々増えつつある中小企業のM&Aとそれに伴い様々なトラブルの増加にから、2020年より行政が円滑で公正な中小企業のM&A市場の拡大を促進すべく、様々な施策が打ち出されました。
その象徴となるものが、2020年3月に公表された中小M&Aガイドラインです。基本的には、M&A専門支援者として遵守すべき事項をまとめたものですが、その一方で、M&Aの当事者(特に売り手側)がM&Aで事業・企業を売却するにあたり、知るべきこと、準備すべきことも記載されています。
本セミナーは、中小M&Aガイドラインを受け、売り手側が、M&Aアドバイザーと(売却)業務委託契約を締結前(時)に理解すべきこと、確認すべきことをまとめたセミナーです。
情報不足による契約時(後)のトラブルの回避に役立てば幸いです。


セミナー構成

・約90分間の動画視聴 ・その後、1時間程度相談・質問のご面談を行います(face to faceで当協会(東京都台
東区)で行うことも、ZOOMなどのオンラインで面談を行うことも可能です。)


セミナー受講対象者

・今後も含め、M&Aで自社 事業・企業を第三者に売却する可能性がある経営者或いは企業オーナー様


セミナー費用

・30,000円(税別)
*動画視聴後のご面談を実施しない場合でも上記の価格となります。


セミナーの流れ

  1. 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信ください。ご質問がございましたらあわせてご記入ください。
  2. 受講の意思確認後、当協会より請求書を電子媒体にて送付(1週間以内にお振込みください)
  3. お振込確認後、視聴動画のURLを送付
  4. 動画視聴後、面談のご希望の方は、面談方法、面談に日程など当協会事務局と原則メールで調整。調整後、ご面談の実施

  5. お申込みフォーム


Pagetop

Copyright (C) JAPAN M&A ADVISOR ASSOCIATION All Rights Reserved.
supported by 株式会社ビザイン,アルテパートナーズ株式会社